「日米地位協定の軍属の範囲見直しに関する日米合意について」 稲田朋美政調会長との意見交換

平成28年7月24日(日)から25日(月)にかけて、自由民主党 稲田朋美政調会長、橋本岳外交部会長、大塚拓国防部会長が沖縄県連からの要請を受けて、「日米地位協定の軍属の範囲見直しに関する日米合意についての説明、関係者との意見交換および関係先の視察等」のために来沖された。
自民党県連との説明会並びに意見交換の席では、沖縄県連と活発な討論が交わされ同席した、外務省、防衛省の官僚が返答に窮する場面もあった。
翌日、佐喜真淳 宜野湾市長、米国総領事との意見交換、恩納村の現場へ献花を行った。

13833105_1768271630055792_1209773068_o13844168_1768271600055795_1419700001_o 13838306_1768271660055789_23495476_o 13838020_1768271636722458_1338988896_o 13836065_1768271763389112_2076994848_o 13844088_1768271560055799_930070664_o13866535_1768271573389131_1171838027_n


2016-07-26 | Posted in Topics, 新着情報, 活動報告No Comments » 

関連記事