会長あいさつ

 

teruya

夢と希望の沖縄県づくり

自民党県連は、県民政党として県民の自由、権利を保証し、民主主義を守り、沖縄県の発展に貢献し保障してきたと自負しております。

しかしながら現在の沖縄県は、重要課題の一つである普天間・辺野古問題で県と政府との間で膠着状態に陥り、この影響が振興策にも出てきております。
この問題に真摯に取り組み、解決の道筋をつけ、沖縄県の振興に繋げることのできるのは自民党県連以外にありません。今年予定されております多くの選挙に勝利することに全力を傾注し、県民の期待に応えて、夢と希望の沖縄県づくりに邁進していく決意であります。
今後とも皆様のご指導ご鞭撻を自民党県連に賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

自由民主党沖縄県支部連合会
会長 照屋 守之